30代からのシミとシワの原因は?しみとしわを改善する3つの方法と医師に相談する方法

30代になると、シミやシワが気になるという方が多いですが、どうして30代を境にしみやしわが気になるようになるのでしょうか?

今回は、

1. 30代からしみやしわが増える原因

2. 30代から始めるシミ・シワ対策

3. 医師にしみやしわの相談をする2つの方法

この3つについて詳しく解説していきます。

30代から要注意!シミやシワができる原因とは

20代の頃は気にならなかったシミやシワが、30代を境に一気に表面化してきて悩んでいる女性が非常に多いです。

どうして30代を境に急激にしみやしわが増えるのでしょうか?

ここからは30代のシワやシミの原因を解説していきます。

30代のシワの原因

しわの原因は、お肌のコラーゲンの減少です。

お肌の真皮を構成しているコラーゲンは、年齢を重ねるごとに減少していきます。

そのため、よく表情が変わると動く目尻や眉間・口元などにしわができやすくなってしまいます。

このコラーゲンの減少は年齢を重ねること以外に、紫外線を浴びることも原因になってくるので、若いうちからコラーゲンの減少を防ぐために紫外線ケアをしっかり行うようにしましょう。

30代のシミの原因

20代までは紫外線を浴びても、ターンオーバーがしっかり行われるので、シミに悩む女性が少ないですが、30代に入ると一気にシミやしわに悩む女性が増えます。

30代に入ってシミに悩む原因は、主に以下の3つが関係しています。

● 若い頃に蓄積された紫外線によるメラニン色素がしみになるから

● 30代を境に新陳代謝が急激に低下するから

● 30代を境に基礎代謝も急激に低下するから

お肌のしみの原因の大半は紫外線と言われています。

紫外線を浴びることで、お肌は外的刺激から守ろうとメラニン色素が生成されますが、20代まではターンオーバーがしっかり繰り返されるので、生成されたメラニン色素を体外に排出することができます。

しかし30代になるとターンオーバーの周期が若い頃と比べて乱れる他、基礎代謝も落ちるので、メラニン色素が体外に排出されずにシミとなってしまいます。

30代から始めよう!しみとしわを改善する方法

30代からしみやしわが急に気になる方が増えますが、20代と同じケアの仕方では、もっとしみやしわが増えてしまいます。

そこでここからは、30代のシミとシワを改善する3つの方法をご紹介いたします。

アンチエイジング効果のある化粧水を使う

30代に入るとお肌の曲がり角を迎えることで、お肌の乾燥によってシミやシワなどの悩みに繋がります。

そのため、30代からは保湿成分を配合し、メラニンの生成を抑制してくれるようなアンチエイジング効果のある化粧水を選ぶようにしましょう。

また、化粧水や乳液・美容液など基礎化粧品に気を使うことも大切ですが、日頃の紫外線ケアは基本です。

日頃から日焼けどめを塗ったりして紫外線ケアをしっかり行うようにしましょう。

食生活を見直す

メラニンの生成を抑えて、できてしまったシミを薄くしてくれるビタミンCやLシステインの他、高い抗酸化作用を持つプラセンタやプクノジュノール、αリポ酸にもシミを薄くしてくれる効果があります。

目の下のクマなど色素沈着には、原因となる炎症を抑えるトラネキサム酸が効果的。

衰えたお肌の新陳代謝を促すビタミンAや、血流を改善するビタモンEなど、シミを改善する効果のある栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

また、しわの原因であるコラーゲンの減少は、コラーゲンを摂取することで防ぐことができます。

サプリメントや漢方を飲む

先ほどご紹介した栄養素を野菜や肉・魚などから摂取するのが難しい場合は。サプリメントから摂取することができます。

また、漢方を飲むことで血流を促すことができるので、シミの原因となる疲労やストレス・冷えを改善することができます。

サプリメントは大きなドラッグストアやスーパー・直営店などで購入することができますが、漢方薬の場合は病院や漢方専門クリニック、ドラッグストアなどで購入することができます。

漢方薬は種類が膨大で、自分に合った漢方に出会うまで時間がかかるので、専門的な知識を持つ病院や漢方専門クリニックで処方してもらうことをおすすめします。

シミとシワが改善しない場合はお医者さんに相談しよう

目立つシミやシワができてしまった、しっかりシミとシワをケアしたいという方は、ここまでご紹介してきた対策だけでは正直難しいです。

しみやしわをしっかり予防して、できてしまったしみやしわを薄くするためには、プロに相談したほうがいいでしょう。

皮膚科や美容皮膚科などでは、シミやシワの相談を医師にすることができます。

これまで病院は直接来院することが一般的でしたが、近年直接来院する方法とは別に、オンライン診療を利用できるようになりました。

ここからは、直接来院する場合と、オンライン診療を利用する場合のメリット・デメリットをご紹介いたします。

直接病院を受診する場合のメリット・デメリット

直接病院を受診することで、医師と対面で相談することができるので、実際のしみやしわの状況を直接見てもらうことができます。

直接診察を受けることができるので、その場でケアについてのアドバイスや、治療を受けることができます。

しかし人気の病院では予約がとりにくい場合があるので、希望日に来院できなかったり、他の患者と待合室で長時間待つ場合もあるので、感染症のリスクに晒される可能性があります。

オンライン診療を利用する場合のメリット・デメリット

オンライン診療とは、自宅でパソコンやスマートフォン・タブレット端末を利用して、リモートで診察を受けることができる新しい診察方法です。

自宅で診察を受けることができるので、時間や交通費を節約できる他に、他の患者と接触しないので感染症のリスクをゼロにすることができます。

また、処方箋の受け取りが郵送でできる場合があるので、完全にリモートで診察を完結することができます。

しかしモニター越しでの診察になるので、シミやシワのわずかな変化などを確認することが難しく、正確な診察を行えない場合があります。

当院では、しみやしわのお悩みのオンライン診療を行なっておりますので、些細なお悩みでも気軽に受診していただけます。

まとめ

20代まで気にならなかったシミやシワが、30代を境に一気に気になるようになる女性が多いですが、これは新陳代謝やターンオーバーの低下や、若い頃に蓄積した紫外線ダメージが原因になっています。

30代からのしみやしわを改善するためには、アンチエイジング効果のある化粧水を使ったり、食生活を改善して、サプリや漢方薬を使うようにしてみましょう。

しかしこれらを試してみても、なかなか思うような改善効果を実感できない場合があります。

この場合、しみやしわの相談ができる皮膚科や美容皮膚科を受診して、医師にシミやシワの悩みを相談することができます。

当院は、自宅からパソコンやスマートフォン・タブレット端末を利用したオンライン診療に対応しております。

新型コロナウイルスをはじめとする様々な感染症のリスクをなくし、時間や交通費を節約してしみやしわの相談をしていただけるので、ぜひご利用ください。

当院は医療用スキンケア ゼオスキンの公式販売クリニックです。おうち時間で美肌治療を。ぜひご相談ください。